関愛生 Yoshiki Seki – ZENKIGEN / Sales –

 ZENKIGENは、2017年の10月に設立され、動画面接ツールを通じて企業の採用をサポートしている。現メンバーは18名。関愛生さんは、大学在学中に知人の紹介で現社長と出会い、同級生や新卒生よりも1年早く社員として働き始めた。AIや最先端のテクノロジーを駆使し、まだ世の中で誰も考えたことがないようなことをやろうとする社長のアイディアに惹かれ、社長と一緒に働きたい、社長と一緒に会社を大きくしていきたいと決意し、現在営業メンバーとして働いている。


 新潟生まれ、新潟育ち。常に成績は下から2番目くらいの、誰よりも勉強をしない子供だった。そんな彼が中学3年生の頃に、両親からネパールへの一人旅を勧められる。初めて訪れたその国は、自分の住む日本と比べると経済的に貧しかったが、彼を自然と家族のように迎え入れ、その温かさに魅せられていく。帰国後は高校に進学はせず、ネパールに留学。電気も水もWiFiもない、一切外界との連絡が取れない村の生活は一見過酷そうに見えたが、彼の目からはそこで生活をしている人々は明るく幸せに見えた。一方で同世代のネパール人の友人は、結婚をし出稼ぎに出る生活を送っていた。生まれた場所が違うだけで人生はこんなにも違うのかという衝撃を受け、今まで日本で恵まれた人生を送ってきた彼にとって、残された人生の時間を1分1秒余すことなく世の中の発展のために使うことこそが、自分に課せられた運命だと悟った。それ以降、ネパールの村をいくつか転々とし、学校や病院がない村の実情を世界で起こる問題として捉え、国連やJICAのプログラムのための現地コーディネーターとして活躍する。帰国後、大学に進学し国連研究や途上国支援を専門に学んだ。一時は、人々の生活や国の根本を大きく変える仕事をするために政治家を目指したこともあった。けれども、人々の生活を変え、世界の流れを作り、一番大きなインパクトを出せる方法は、政治でも支援でもなく、ビジネスなのかもしれないという考えに辿り着いた。

 「全機現(ZENKIGEN)」とは、人々が持つ能力を最大限に発揮した状態のことを示す。テクノロジーを使い、これまで人々が出せなかったポテンシャルを最大限に発揮できる社会を作ることをミッションに掲げる。関さんは昨今の就職活動に対し、学生はあまりにも自分の個性を押し殺していると考える。企業と学生が暗記した答えを言い合うような面接ではなく、学生が自らの個性を全面に押し出し、企業も学生に対して本気で向き合える、本質的で個性を尊重できるような採用方法を実現させるべく、営業として企業にアプローチをしている。本気でお客さんと向き合い、お客さんでありながらもその会社の一員のように、彼らの心の拠り所になるつもりでいることをモットーにしている。

 Inspired.Labでは、メンバーとのたわいもない会話からビジネスに繋がることもあるそうだ。名刺交換以上の関係性、会社対会社ではなく人対人の関係でいられるInspired.Labの環境に居心地の良さを感じている。Inspired.Labの名前のごとく、自分のやっていることに誇りを持ち、好きなことをやっている人がたくさん集まり、新しいものが自然発生的に生まれていくということが、まさに実験室のよう。ここから何かを生み出していく、自分たちが持っている力の何倍もの大きなインパクトを出せる可能性を秘めている場所だと感じている。

CONTACT

ご見学、ご入居などの
お問い合わせはこちらから